Welcome to my blog

slow step,slow heart

Article page

シンイ 1話 感想

Category - シンイ感想
やっと1話の感想を書き終わりました!
これだけ書くのに何ヶ月かかってるんだっていうね(^_^;)
どんな感じにするか悩みましたが、あらすじと感想を併せて書いていこうと思います。
色つきの部分があらすじです。
それから、私は吹替え版しか見ていないので、字幕版と少し表現が違うところがあるかも?
お許しくださいねm(_ _)m


・アニメ(華佗の話)
まさか曹操から始まるとは。三国志好きなんです!
頭痛のエピソードも知ってるし、ここで心を少し掴まれました。

・1351年元の国境。雨の中移動し、船が出せず宿に泊まる。
面倒だ、という感じで椅子を並べて横になるヨンに、警護はどうするのか尋ねる副隊長。
「確実に、しっかり、護れ」

出ました隊長の名言! 初見では、なんてやる気のない隊長だろうと思いました(^_^;)

・隊長の反抗的な態度が気に入らないと王へ進言するチョ・イルシン。
護衛の人員が足りず、不仲の王と王妃を同室に。

王の部屋へ欠伸しながら入ってくるヨン(笑)
不遜すぎると思ったけど、後々理由を知ればそれも仕方のないことかと。

・チャン侍医登場。逆立ちしているテマンの腹を手に持った扇でポンと叩く。
「己の身くらい自分で護れます」

チャン侍医は登場からかっこいい! 大きな扇が武器だなんて珍しいなあ。

・夜中、刺客が奇襲を仕掛け、隙をついて王妃の首を斬りつける。
チャン侍医が止血する為に鍼を刺し、ヨンが鍼に雷功を送り込んで脈を抑える。

ヨンの戦闘シーンって何てスタイリッシュでかっこいいんだろう! 惚れ惚れしてしまう(*´ω`)
雷功は攻撃だけじゃなく、治療に使ったりもできるんですね。

・王妃を助けられるのは神医だけ。
神医のおられる天界へ通じる門が近くにあるというイルシンに促され、王たちは天門へ向かう。

王がヨンに「余のことが嫌いか」と問うシーンがありますが、ヨンの返答に対する王の反応を見て、
この王は今までの王と違うのかもと少し認めるんですよね。
改めて見ると、胸がジーンとする場面でした。

・天門が光を放ち開かれる。
「王命である」
副隊長とテマンが止めるのを制し、ヨンは中へ入っていった。

・2012年ソウル。周りを警戒しつつ進むヨン。
通りがかった和尚に神医について尋ね、コエックスへ向かう。
「まっすぐ行くのみ」

現代の高層ビルや自動車にはさぞや驚いたでしょうね! その表情が可愛い(*´∀`)
車に臆することなく正面突破! 実にヨンらしい行動です!

・美容外科学会、国際医療展示会が開催されているコエックスへ辿りつき、入場。
小説では入口で止められるのに、ドラマでは素通り(笑)
医療器具を珍しそうに見ているヨンが可愛い!

・扉を開けると、ウンスが美容整形の歴史についての発表を行っていた。
入ってきたヨンをウンスがちらりと見る。ヨンはウンスを見たまま目が離せない。
警備員が駆け付け、外へ出される瞬間見つめあう二人。

ヨンとウンスの出会いのシーン。
運命に導かれるように、ここから始まった二人。
ウンスから目が離せないヨンにドキドキです!

・トイレで友達に電話し、発表が台無しになったと愚痴るウンス。
小説によると、ウンスは頭痛持ちらしい。
だからアスピリンを持ち歩いていたんですね。

・警備室に連れて来られたヨンは、壁一面にあるモニターの中の一つにウンスの姿を発見する。
「この中にはどうすれば入れますか」

目を大きくしてモニターの隅を触ったり、叩いたりしているヨンが可愛いなぁ(笑)

・剣を触ろうとした警備員の手をひねって阻止するが、暴力を振るったとみなされ通報される。
向かってきた警備員の警棒を斬り、真剣に怯えた警備員たちは逃げだした。

・ルーペのブースで説明を受けていたウンスを見つけたヨン。
「重症の患者がおります」
相手にしないウンス。

ここで初めて言葉を交わした二人、ただそれだけで感無量です!

・警官と警備員が駆けつける。
「患者を救ってくれますか」
「そんなの分かりません。傷の状態を見てないもの」
ヨンは警備員の男の首を斬り、周りの人々は怖れて逃げ出した。

王妃の傷と同じように斬ってみせるヨン、凄いですね! さすがです!

・「助かるのでしょうか」
救急車を呼ぼうとするウンス。
「この者が死ねば、その者で試す」
「手術しろっていうの?」
「時間がありませぬ。始めて下され」
ウンスは手術器具を揃えて準備する。その間にパトカーや機動隊が続々と到着。
販売員に手伝わせて、手術開始。

無理矢理手術をさせられるウンス。
ハラハラする展開に、どんどん引き込まれていきます。

・警察が館内放送で電話に出るよう呼び掛けるが、ヨンは鳴った電話を一刀両断。
ヨンの剣さばきがすごく好きです。
小説には何故電話を斬ったのか書いてあり、心情を知ることができて面白いです。
ウンスの手術をじーっと興味深そうに見ているヨンも可愛い(笑)

・手術は無事成功。ヨンはウンスのバッグと医療器具を布に包んで背負う。
「険しい道のりになります。離れぬよう、頼みます」
逃げるウンス、しかし襟を掴まれ連れて行かれる。
「この状況でどこに行くの? 警察に取り囲まれてるのよ」
「正面突破」

堂々と正面突破! ヨンのこういうところに痺れます!
掴んだ襟を離し、手首に持ち替えて引っ張っていくのも萌えてしまいます(*´ω`)

・入口を封鎖され、機動隊に阻まれる。
ヨンは雷功を手から放って機動隊を吹き飛ばし、入口のガラス扉も木端微塵に。
「しばしご辛抱を」
ウンスを肩に担ぎ、盾を持ち去った。

初見ではヨンが能力者だということにビックリしました(^_^;)
これって豪胆で手練れのヨンだからできたことであって、
他の人だったら脱出できずに捕まっていたかもしれないなと思いました。

・天門到着。怯えるウンス。
「まだ死にたくないの」
「ご安心を。治療が終わればちゃんとお帰ししますから」
「嘘よ、顔を見てしまったもの。誘拐犯は顔を見た人を殺すんでしょ。映画で観たのよ」
泣き叫び、逃げようとするウンスの肩を掴むヨン。
「某はチェ・ヨンと申します。高麗の武士の名に懸けて必ずお帰しする。約束します」

約束のシーンです! この約束が後々重要になります。
天門前で見つめ合う二人。ヨンの真剣な表情がとても凛々しい!

・これより10日前。占い師に、いつごろどこで運命の人と出会えるか尋ねるウンス。
「天が定めし縁に出会うだろう、しかも相手は過去の男、数えきれないほど昔の男の中にいる…かもしれないと占いには出ていますよ」
「これから1年の間にとっても遠いところに旅立つ運命だと出ています。門の外に出てこそ出会い、出会えば叶う。昔の男たちのこと、よーく思い出してみてください」

イカサマじゃなかったですね。
ウンスの希望通り、お金持ちで見た目もいい人に出逢えました!
羨ましい…!
最初の彼に作った、ぐちゃっとしたお弁当を見て、ウンスって料理得意じゃないのかなと(^_^;)
数年経って、上達したのか気になります(笑)

・天穴に入る7年前。
今日から新しく赴任する22歳の近衛隊長に不服そうなトルベ。
赤月隊の部隊長で並外れた武功、高い跳躍力、雷功の使い手。烈火の如き性分で、寝ているところを起こされたと相手を半殺しの目に合わせたこともあるとトクマンは言う。
納得できないトルベ、この事態に冷静に落ち着いた態度を示す副隊長。
「今の高麗があるのは赤月隊のお陰だ」
「ああ、もういい。副隊長は引っ込んでいて下され。そいつが来たら俺が蹴りでも一発入れて…おおっ!」
赤月隊の装束姿のヨンが登場し、トルベの足を掴んで放った。

このシーンも大好きです!
ウダルチが登場すると和みます(*^-^*)

・チュンソクが名前を尋ねているのにヨンは怠そうにしていて答えない。
無視するなと掴みかかるトルベだが、片手で軽くおさえられてしまう。
「俺に寝床をくれるのであろう? どこだ」
ヨンは適当な場所に寝転がり、眠ったまま三日が経った。
隊長だか、赤月隊だか知ったことかと、ヨンを起こそうとするトルベ。
そっとしておこう、お前まで半殺しにされてしまうぞと、止めるトクマン。
起きているのか、寝ているのか、ヨンが投げた棒がトルベの額に直撃。まだ寝続けるヨン。

この頃のヨンは生意気ですね!
食事もせず、寝てばかりいるのは悲しい理由があるのですが。
トルベの額に棒が直撃して、後ろでこっそり笑うトクマンが可笑しいです(笑)


やはり、物語の始まりはワクワクして、どんどん引き込まれていきます!
ヨンのかっこよさ、可愛さ、魅力満載の回でした(*´∀`)

スポンサーサイト

Category - シンイ感想

2 Comments

itukitikal  

早速始まりましたね。

この頃、歳のせいなのか早めに寝てしまいます。しかし夜中に何度も目を覚ます毎日。そしてブログ巡りにまいりました。更新発見。嬉しいです(*^^*)
ブログ名にシンイの名前を入れたらたくさんの方が気づいて下さって読みに来られると思いますよ?

さて、1話ですね。実はあんまり見てないんですよね(^^;冒頭の雨に打たれているマント姿のヨンはカッコ良いんですけど。
なので順をおってストーリーと感想を書いていただいて思い出しますね。

コエックスに他にも医師がいたと思うんですけどウンスを見つけて目が離せなくなったのは一目惚れなんでしょうね♪

「傷が分からないと」とウンスに言われてバッサリ切っちゃったのには驚きましたよね(*_*)

雷功で、ガラスが壊れるシーンもカッコ良かったですし、チャン侍医の針に雷功を使うシーンには驚きました。チャン侍医の扇子の使い方も好きです。

7年前のヨンから今でのやる気の無さげな感じからウンスと出会ってドンドン変わっていくヨンが素敵ですよね( 〃▽〃)

全てに感想書けませんが同感する事ばかりでした。

続きも楽しみにしていますねぇ(^-^)/

2013/12/16 (Mon) 06:07 | EDIT | REPLY |   

chihaya  

Re: 早速始まりましたね。

itukitikalさん、コメントありがとうございます!
漸く1話を書き終わったのが嬉しくて、すぐUPしちゃいました(笑)
1話は私もあまり見返したりしないので、ちょっと懐かしい感じもしますね。

ヨンは一目惚れだったのではないかと私も思いました!
勘の鋭い人なので、ビビッと感じるものがあったのかもしれません。
ヨンの凍ってしまった心を解かせるのはウンスしかいなくて、
ウンスの相手をできるのはヨンしかいないんです。
本当に素敵なカップルですね…!

ヨンとチャン侍医のアクション、かっこよかったですよね!
チャン侍医の活躍、もっと見たかったです(泣)

続きは、できるだけ間をあけずに書いていきたいと思います。
また読んでくださったら嬉しいです!

2013/12/16 (Mon) 20:31 | REPLY |   

Post a comment