Welcome to my blog

slow step,slow heart

Article page

翻訳中8

Category - シンイ漫画
シンイの韓国公式HPにある漫画版シンイ。
気になるシーンだけを意訳してます。
今回は9話と10話です。



韓国公式HPはコチラ

9話。
キ・チョル邸。
天の医員がいることを聞きつけた火手引と千音子は、キ・チョルの為にウンスを攫ってきました。
助けてほしいとウンスは懇願しますが、キ・チョルは、
「殺しませんよ。不死の能力をお持ちだそうで。その力であなたが神医であることを証明してみせてください!」
「…私はただの整形外科医師です…。神医でもなく、不死の能力なんて現代医学でも無理なんです。‘不老’ならともかく…」
「‘不老’!?何ですかそれは?」
「まあ…施術方法と対象者のタイプに応じて、最大10年までは若く見えるようにすることも可能ですよ」
「10年!?私にもできますか?」
ウンスはキ・チョルの顔にどういう施術をするか、ペンで書いていきます。
「さあ、どうですか?ディール!」

10話。
「でぃーるとは?」
「あ、取引という意味です。あの、家に帰してください!向こうでならあなたに好きなだけ手術をしてあげられます。最大限お安くして…。い、いえ、無料で構いませんから!」
「家?…天界ですか?」
「そうです!どうせこちらでは手術できないんです。私が勤務する病院に行かないと」
「まさか、このキ・チョルを騙そうとしているのでは?瀕死の王妃をその場で助けたのでしょう?ならば今、ここでもあなたが神医だという証拠を見せられるはずですが?」
「……」
「それでこそあなたがただの妖魔なのか…そうでないのか。殺すか、否か。…おや。何もできぬのですか?それなら妖魔であるということを認めますか?」
キ・チョルはウンスの首を掴み、氷功を使おうとしますが…。

「ごはんちょうだーい」
ウンスのバッグから奇妙な声がして、キ・チョルはウンスを突き飛ばし、その声のする方向へ「誰だ!」と氷功を放ちます。
(この人、何者!?X-メン!?)
ウンスはこの隙に逃げ出します。

「逃げても無駄だ。このキ・チョルを弄ぶとは…。妖魔め!」

必死になって走るウンス。しかし、火手引と千音子に見つかってしまいます。
「あら~?鬼ごっこでもしているのかしら?ねえ、神医のお姉さん~?」

ウンスは心の中で叫びます。
(殺される…!誰か助けて!お願い…!)
心に浮かんだのはあの人の姿。
(どうか…。サイコ…!)
スポンサーサイト

Category - シンイ漫画

2 Comments

itukichikal  

面白い

キ・チョルに捕まってしまったウンス。
不死は無理でも不老はなんとか。しかしあの手術は高麗では無理ですよね!

ドラマではアッサリ出番の無くなってしまったウンスの携帯電話。氷功の餌食にされちゃいましたか!あれは正しく天人の証だと思いますけど。

危機一髪←となったらヨンを思い出すのですね。サイコなのにスーパーマンですからねぇ~

2013/11/23 (Sat) 02:33 | EDIT | REPLY |   

chihaya  

Re: 面白い

itukichikalさん、コメントありがとうございます!
キ・チョルは時間がないって言ってましたから、不老の手術をどうしても受けたかったのでしょうね。
ウンスは美容整形ですけどね(笑)

漫画でも携帯電話が助けてくれました!
キ・チョルをX-メン!?と思ってしまうところが映画好きなウンスらしいな~(^o^)

サイコなのに、助けを求めてしまうウンス。
二人はいついかなる場合でも、惹かれ合う運命なのでしょうね(*´ω`)

2013/11/23 (Sat) 18:45 | REPLY |   

Post a comment