Welcome to my blog

slow step,slow heart

Article page

記念日~最高の贈り物~6・終(妄想)

Category - シンイ妄想
この話も今回で最後です。
これは、ただの個人の妄想・願望であることをお忘れなきようお願いします。
それでは今回もおかしなところがあったらスルーしてくださいね。









ヨンは一眠りして目覚めると、熟睡している妻を起こさぬようにこっそりと隣を抜け出た。
短い眠りであったが、頭はすっきりとして清々しい朝だった。
たった一晩の徹夜など、どうということはない。
愛おしい人を味わい尽くしたのだから。
これから夜までそばを離れなければならないことのほうが憂鬱だった。

ヨンは身支度を整えてから寝台に近寄り、労わるようにウンスの髪を撫でた。
昨夜もまた無理をさせてしまった。
すまぬ、と心の中で詫びる。最早それは朝の決まりごとの一つになっていた。

(昨夜はイムジャも悪い。俺を煽るだけ煽って・・・)

可愛らしい手と口で慰められ、好きにせよと言われれば歯止めが利かなくて当然だろう。

(真に、無茶ばかりなさる方だ)

出会ったときから何をしでかすか予測不可能、天人の何にも縛られない言動にほとほと困り果てることもあった。
だが、そういうところも気に入ってしまっている。
己の感情を持て余すほど、心底惚れ込んでいるのだ。
ヨンは溜め息を吐いた。

すると、ウンスの瞼がふるりと震えてゆっくりと開き、ぼんやりとした瞳がヨンを見つめた。

「んっ・・・、もう行くの?」
「すまぬ。起こすつもりは無かった」
「支度手伝うわ」
「いや結構。そのまま寝ていてください」

ウンスは体を起こそうと力を入れてみるが、頭はぼうっとし、怠くて鉛のように重く感じる体では、とても立ち上がれそうになかった。
体の状態をウンスよりも先に察して微笑むヨンを、ウンスは顔を赤くして睨んだ。

「ひどい人。こんなになるまでするなんて」
「ひどいとは心外だ。忘れましたか、好きにせよと申されたこと。壊されてもいい、もっと・・・」
「ああああああ! やめてやめてやめて!」

ますます顔を赤らめたウンスは、布団を頭まで引き上げてすっぽり被った。
ヨンは笑いを堪えて、布団の中で丸まっている体をその上から優しく撫でた。

「今日は一日ゆっくり休んでください。典医寺には休むと伝えておきます」
「・・・・・・」
「良いですか。どこへも行かず、ここで疲れを取って、俺の帰りを待っていてください」
「うん・・・」

ヨンの言うことを素直に聞き入れようとしたウンスだったが、はっとして布団から顔を出した。
「まさか・・・今夜も?」
「さあ。夜のことは夜になってみないと分かりませぬ」
ヨンはにやりと妖しく笑った。
「駄目っ! 今日は無理ですからね!」
そう言ってウンスは再び布団の中に隠れた。

ヨンはおかしくて愉しくて仕方がなかった。
ウンスがそばにいてくれるから、笑える。
ウンスがそばにいてくれるから、ヨンはヨンでいられるのだ。

「イムジャ、何もせぬゆえ顔を見せてくれぬか?」
「やっ、もう早く行って!」
「行きますから、もう一度」
「・・・・・・」
「イムジャ」

乞うように呼びかけると、ウンスはそうっと布団を肩まで下ろした。
ヨンは顔を綻ばせて、今朝のウンスを目に焼きつけた。

イムジャを守りたい。
そのために今日を闘おう。

見つめ合い、自然と引き寄せられるように顔を寄せ、赤く染まった可愛らしい頬に口づけを落とした。

「行って参ります」

ヨンは幸福を噛み締めながら屋敷をあとにした。



「行ってらっしゃい」

ちゃんと起きて支度を手伝い、送り出してあげたかったけど・・・。
体が怠くて腰に力が入らず、起き上がることさえできないでいる。

確かに、好きにしていい、我慢するなと言ったのはウンスだ。
しかし、ここまでされるとは思っていなかった。
夜を共にするようになって一年経つが、未だにこの体たらく。
高麗一の立派な武人の体力を甘く見ていた。

いつになったら慣れるのかしら。
少しはお返しできたのだろうか?
できたような気がするし、全く駄目だったような気もする。
だけどへこたれてなんかいられない。
次はもっと上手くできるように頑張るわ!
旦那様を満足させたい――ウンスはひどく燃えていた。

(そろそろ・・・ね)

ウンスは今、ヨンや周りの人々に支えられ、高麗で安定した生活をおくれている。
漸く心に余裕ができてきたのだろう。
愛する人の子を産み、育てたい――いつからかその想いが日に日に高まっていった。

しかしこの一年、共に過ごせる夜は夢中で愛を確かめ合っていたにも拘わらず、結びつくことはなく、不思議に思えた。
あれこれ思い悩むより、できることをしよう。
しないことには始まらないのだから。

ウンスの頑張りはまだまだ続いていきそうだ。


一晩中愛情を受け止め続け、ヨンの名残を感じる下腹を優しく擦っていると、体がぽかぽかあたたかくなって、睡魔に襲われた。

お言葉に甘えてもう一眠りしていよう。
ここで待ってるから、今日も無事に帰って来てね。

ウンスはヨンの香りの残るあたたかな布団包まれて、幸せな眠りに落ちていった。


***


ウンスが体調の変化に気付いたのは、それからしばらく経ってからのことだった。

(早く帰ってこないかな。ここであなたの帰りを待つ人が増えるのよ)

ヨンがウンスを信じて待ち続け、迎え入れてくれたこの家で。
不器用に我が子を腕に抱くヨンの姿を思い描きながら、ウンスはヨンの帰りを待っていた。











ウンスが頑張る話。
お返しというかたちで書き始めましたが、書いているうちに少し変わっていきました。

途中、二人のこんな話、私は書きたくなったから書いているけど、読みたい人はいるのだろうか?
公開するのはいかがなものか? と不安に思ったりもしました(^_^;)
とにかく下品にならないように、イメージを壊さないように気を付けました。
最後はちょっと力尽きた感じがしますが( ̄▽ ̄;)
それでも、ずっと書きたかった妄想を最後まで書くことができて良かったです(^-^)

ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました!


↓気に入っていただけましたら、拍手ボタンを押してくださると嬉しいです♪
スポンサーサイト

Category - シンイ妄想

20 Comments

niko  

またわんちゃんに待ち構えてたとか言われるかな( ̄▽+ ̄*)? えへへ、その通りだよ♪

翌朝の二人…❤  恥ずかしがるウンス、可愛いのо(ж>▽<)y ☆

再会して結ばれたヨンとウンスには、可愛い赤ちゃんに恵まれてほしい❤ 
私の願いがこうしてちはやちゃんの小説でカタチになってた!!!  だからすごく嬉しいよ♪
ちはやちゃん長編お疲れ様!  素敵なお話ありがとう❤

今度、初めてわが子を抱くヨン… とか会えるかな(^ε^)♪

新しい妄想が生まれたら、ぜひぜひまた読ませてね♪

2015/05/09 (Sat) 20:54 | REPLY |   

ちはや  

>nikoちゃん
早速読みに来てくれて嬉しいヨン♪

昨夜は夢中になってヨンを求めていたウンスだけれど、翌朝冷静になるとやっぱり…ね(笑)
二人が出逢って結ばれただけでも幸せなことだと思うけど、二人にはもっともっと幸せになってほしいな♡

こちらこそ最後まで読んでくれてありがとうね♪
初めて我が子を抱くヨンは、大好きな作家様の素敵なお話を読んで満たされているので…書けないかも(^_^;)
でも、書きたい妄想話はまだあるので、書けた時は読んでもらえると嬉しいです(*´∀`)

コメントありがとうございました♪

2015/05/09 (Sat) 21:37 | REPLY |   

h-imajin  

おつかれさまでした!

途中ドキドキワクワクo(^o^)oしながら読んでいましたが
やはりちはやさん、とても優しくて素敵な結末になりましたね。

はやくヨンが知って喜ぶ顔が見たい( ´∀`)ですね

2015/05/09 (Sat) 21:41 | EDIT | REPLY |   

ちはや  

Re: おつかれさまでした!

>h-imajinさん
わぁ~!読んでくださってありがとうございます♪ヽ(´▽`)/
弱音を呟きながらも最後まで書けて、お披露目できてホッとしてます。

私はヘタレなので、二人に試練を与えるような妄想ができません(/o\)
読む分にはどんなお話でもOK!なのですが。
あ、キ・チョルとのR話はNGです(笑)

知った時、ヨンはどんな顔をしているのか妄想するのも楽しいですね(*^-^*)

コメントありがとうございました♪

2015/05/09 (Sat) 22:10 | REPLY |   

わん  

おほほほほほ やはりにこちゃん1コメGETだね( *´艸`)
師匠も早かったですね(*'▽')
それだけ楽しみにするくらい 素敵なお話でしたよん。久しぶりに書くちはやちゃんの がっつりの想いが伝わり 激しいながらも 深く結ばれた2人の永遠の愛。未来へと続く新たな命の芽生え。最終話にふさわしい内容で心が温まりました。
考えて考えての努力が窺われ ためらいながらも 思いっきり書いてくれてありがとさんです(*^^)v

2015/05/09 (Sat) 22:35 | EDIT | REPLY |   

ちはや  

>わんちゃん
今日もnikoちゃん早かったね(^o^)
わんちゃん最後も読んでくれてありがとう♪

楽しみにするくらいだなんて嬉しすぎます~(*´∀`)
久しぶりだったけど、色々気を付けながらがっつりエ○く!を目指しました(*´艸`)
二人の永遠に続いていく愛を書いたことで、私の中の二人への愛も深まった気がします。
まだまだシンイの世界に浸っていたいです♡

コメントありがとうございました♪

2015/05/09 (Sat) 23:40 | REPLY |   

のりちゃん☆  

こんばんは

本当に久しぶりでごめんなさい。
にこ、のこちゃんから、ちはやちゃんの二次公開されてるよって聞いて此処に来ました。

にゃんちゃんじゃないけど、最近脳が可笑しな方向に行ってしまい(笑)、ヨンとウンスの二次が読めなくなったかと・・・かなりな赤信号でしたが・・・ちはやちゃんの二次はすんなり読めました。
何故なのだろう?
きっと、一番ヨンらしいヨンを書いてくれたからかな。
綺麗なんだけど・・・がっつりR・・・Rって本当に難しいのに・・・本当に素敵な表現力❤
ちはやちゃん、凄いよ!

最後の嬉しいお知らせも良かった。
久しぶりに、気持ちの良い二次を読ませてもらいました。
本当にありがとう。

2015/05/10 (Sun) 01:06 | REPLY |   

ちはや  

Re: こんばんは

>のりちゃん☆
こんばんは(^o^)
お久しぶりです。
全然気にしないでくださいね、私もお邪魔できていないのですから(T_T)

おお!にこちゃん、のこちゃんから?Σ(・ω・ノ)ノ
こちらまで来てくださってありがとうございますヾ(@^▽^@)ノ

そちらの方向は嫌いじゃないのですが、まだ進む勇気がなく…画像には慣れてきたのですけど…
楽しみたいのにまだ完全に楽しめていなくて残念だなぁと思ってます(´;ω;`)
ヨンウンスの話なのにすんなり読めたと言ってもらえて嬉しいです。

Rって難しいですよね(>_<)
なかなか上手く書けなくて、書いても少しずつしか進まなくて、
私は何のためにこんなことをしているのだろうと何度も思いました(苦笑)
でもその甲斐あって、のりちゃんに読んでもらえて、嬉しい感想もいただけて♡
こちらこそありがとうございます(*^-^*)

これで一つ肩の荷がおりたので、今度のお祭りでは頑張ってみようかな(*´艸`)

コメントありがとうございました♪

2015/05/10 (Sun) 03:09 | REPLY |   

alcchi  

こんにちは

はじめまして!
いつも読み逃げですみません。
1年過ぎてもますます強まる2人の愛、お互いの思いやり。
すごく良かったです(*^^*)
ありがとうございました!
ヨンって本気出したら限界知らずなんですね\(//∇//)\

2015/05/10 (Sun) 11:05 | EDIT | REPLY |   

こころん  

ふたりの世界(//∇//)

ちはやさん、こんにちは。

がっつりなふたりの世界、す・て・き(//∇//)
読みごたえたっぷりでどSヨンに萌え♡
あんな風に愛し愛されたいですね~。
さすが高麗一の武士、体力は底知れず...

最後の知らせを聞いたヨンの反応が見てみたいけど個人的にはいつまでもどっぷりふたりだけの世界を見続けたいような(^w^)

2015/05/10 (Sun) 14:47 | EDIT | REPLY |   

ちはや  

Re: こんにちは

>alcchiさん
はじめまして。
初コメント嬉しいです♪
いつもお読みくださり、ありがとうございます(*^^*)

1年経ってもラブラブな二人です♡
二人の愛は永遠に続いていくのでしょうね(*´∀`)
すごく良かったとのこと、とっても嬉しかったです!

ヨンの本気…武人ヨンの体力なめたらアカンですよ(笑)
愛するウンスとだったら一晩中何度でも…だと妄想してます

コメントありがとうございました♪

2015/05/10 (Sun) 15:30 | EDIT | REPLY |   

ちはや  

Re: ふたりの世界(//∇//)

>こころんさん
こんにちは!
読んでくださってありがとうございます♪

自分的には、愛し合う二人の姿をがっつり愛を込めて書いたつもりです(*´∀`)
Sヨンはイイですよね、私も大好きです♡
武士ヨンの怖ろしいほどの体力と欲望…受け止めるウンスは大変だけど、そこには愛があるから♪
たっぷりと可愛がられて幸せですよね(*´艸`)

子育て編は書けませんので、二人だけの世界をもう少し書いていきたいなぁと思います。

コメントありがとうございました♪

2015/05/10 (Sun) 18:46 | REPLY |   

テジャン  

おじゃまします

終りましたね。
最後は愛の結晶で終らせるなんて!嬉しい限りです。
実は私 廃人スタートの頃 最終回の2次を考えた事があります。
拉致されたウンスを奪回して2人で一夜を過ごしましたね。当然結ばれるんです。
ドラマの脚本どうり進むんですが。ウンスはその時に身ごもり子連れで再会。
こんな事も有りかなと。ただ再会までにはウンスは1年、ヨンは4年待つんですよね。そうなると子どもは赤ちゃんか3歳かです。生まれたばかりの赤ちゃんを連れヨンの持ってる高麗にタイムスリップすると、一体どうなるのか?等と考えたら、可笑しくて止めました。
フユージョンでもつじつまは合わないとね。

あの日再会して、2人はお互い別れてる間どれ程恋しく思った事か、もう肌が触れてないと不安で狂いそうなるんでしょうね。貴方のヨンとウンスはそんな感じです。
その為にも家族が増える事は絶対的な安らぎなのでは?等と。
エロ話…愛を文章にするには必要不可欠かと…嫌いな人はいません。
最後まで私の中のヨンとウンスで嬉しかったです。ど~もv-221

2015/05/10 (Sun) 20:27 | REPLY |   

ちはや  

Re: おじゃまします

>テジャンさん
最後まで読んでくださって嬉しいです。
ありがとうございます♪

>ウンスはその時に身ごもり子連れで再会。
へぇー!凄い発想ですね!
でも、あの時代に一人で妊娠・出産は凄く大変だろうし、タイムスリップする時に赤ちゃんはどうなるんだろう?
思考が追いつかず、想像できません(@_@;)
やっぱり再会後は離れていた時間を埋めるように二人だけで深く愛し合ってほしいので、子供はそのあとがいいなと思います♡

絶対的な安らぎ…とても素敵な言葉ですね。
不安に思う気持ちが徐々になくなっていったらいいですよね。
子がいると、いちゃいちゃできなくなってヨンは寂しくなっちゃうかも?(笑)

>エロ話…愛を文章にするには必要不可欠かと…嫌いな人はいません。
そうなのですね♪良かったです♡

コメントありがとうございました♪

2015/05/10 (Sun) 21:51 | REPLY |   

ハル  

こんばんは~

ちはやさん、とても素敵なお話でした❤
二人の愛の深さをがっつり感じさせていただきました~(///∇//)
そして愛の結晶が・・・❤❤❤
また読み返しに遊びに来させてくださいね('-^*)/

2015/05/10 (Sun) 22:49 | REPLY |   

ちはや  

Re: こんばんは~

>ハルさん
こんばんは(^-^)
また来てくださり、ありがとうございます∩(´∀`)∩ワァイ♪

愛してやまなくて、ずっと抱き合っていたい…そんな二人でした♡(*´艸`)
愛の結晶については、書くの迷いました。
でも、書いてみて良かったです♪
またしばらく妄想話書けなくなると思いますが、過去のものでよければいつでも読みにきてくださいね!

コメントありがとうございました♪

2015/05/11 (Mon) 01:23 | REPLY |   

みかん3  

ウンスに対する愛と欲望の深さ!! いいわぁ~(///∇//)  ウンスが願っていたヨン2世の誕生も待ち遠しい♡  2世誕生のヨンがどうあたふたするのか…妄想が膨らんだら書いてくださいませ♡ ♡

2015/05/11 (Mon) 19:51 | REPLY |   

ちはや  

>みかん3さん
読んでくださってありがとうございます♡

二人は離れ離れになってしまったから…再会後も不安でそばを離れたくないだろうし、
夜も離したくないと思っているのでは♡(*´艸`)
2世の話は書けるかなぁ…今のところ予定はありません(´▽`;)
ヨンがあたふたしている様子を妄想すると楽しくてほっこりしますね(*´∀`)

コメントありがとうございました♪

2015/05/11 (Mon) 21:01 | REPLY |   

noco  

ほっこり

ちはやちゃんこんばんは
おっ!のりちゃん来ていたのね。
うふふ。がっつり宣伝しておいたよ。
危ない私たちの脳でも萌え萌えだったよっと♪

のりちゃんが書いているように
読んでいて、幸せになれるお話しでした。

素敵なお話を届けてくれてありがとう。

2015/05/14 (Thu) 22:21 | EDIT | REPLY |   

ちはや  

Re: ほっこり

>nocoちゃん
こんばんは!
読んでくれてありがとう(*^-^*)

のりちゃんに宣伝してくれたんだね。
おかげでのりちゃんに読んでもらえて、嬉しいコメントもいただけました!
ありがとうね♪

ヨンとウンスの幸せが、私の幸せでもあります。
そんな二人の幸せな気持ちを少しでもお届けできたらいいなと思います。

コメントありがとうございました♪

2015/05/14 (Thu) 23:16 | REPLY |   

Post a comment