Welcome to my blog

slow step,slow heart

Article page

逢いたくて 2.迂達赤隊長と二等兵(妄想)

Category - シンイ妄想
旅日記の途中ですが、ドラマの見直しが全然進みません(^_^;)
夏祭り企画に寄稿した「夏氷」のヨン視点の話も早く書きたいんですけど、
妄想が広がり過ぎて収拾がつかなくなってきました( ̄▽ ̄;)
だらだらと長くなってもいけないので、どこを削ったらいいのか考え中です。

そんな中、別の妄想が浮かんできて、以前から書きたかった
「ウンスに逢いたくて皇宮を抜け出すヨン」
に繋げて書いてみました。

この話の中のヨンは「仕事<ウンス」となっていますので、
そんなヨンでも構わないという方のみお読みください。







「これより軍議を始める」

ヨンは皇宮で、迂達赤と禁軍の合同軍議を取り仕切っていた。
キ・チョルが元へ逃れる前に、何としても捕らえねばならない。
重要な軍議だったが、ヨンはウンスのことが気に掛かり集中できずにいた。

イムジャが自室で襲われた。
天界の道具を持ち去ることが目的で、命は無事だった。
しかし、作っておった解毒薬が駄目になってしまった。
この手でイムジャを護れなかったことが腹立たしくてならない。
奴らにイムジャの居所を知られてしまい、またいつ襲撃されるか分からない。
(安心できぬ)
ヨンは拳を固く握りしめた。

それにしても長い軍議だ。
最重要議題はとっくに終わり、報告事項にだらだらと無駄な言葉が多すぎるのだ。
こうしている間にもイムジャと共に過ごせる残りわずかな時間は減り続ける。
不安ばかりが募っていく。
「もう良い。各々、抜かり無きよう準備せよ。以上だ」
言い終わるや否や、ヨンは部屋から飛び出していった。



逸る気持ちを抑え、できるだけの近道をして、迂達赤隊舎へと急ぐ。
イムジャは自室でじっとしているだろうか。
護衛の目を盗み、抜け出していないだろうか。
張り番は敵襲に備え、周囲に目を光らせているだろうか。
心配が尽きない。
いっそ、軍議に連れてくるべきだったか。
考えを巡らせている内に隊舎前へ着き、自室を見上げた。
(頼むからそこにいてくれ)
祈るような気持ちで、隊舎内へ足を踏み入れた。


廊の角を曲がればヨンの私室は目の前だ。
ふと、誰かの話し声が聞こえて、ヨンは足を止めた。

「ありがとう。本当にもらっていいの?」
「ええ、ご遠慮なく。今朝届いたばかりの品ですので」

イムジャの明るく軽やかな声と、男の声。
姿が見える位置まで進み出ると、チュンソクとウンスが扉の前に立っていた。
ウンスはチュンソクに可憐な笑顔を向けていて、チュンソクは何とも締まりのない顔をしている。
ヨンの目にはそう映ったのだった。
頭に血が上ったヨンは、一瞬のうちに二人の間に割って入った。
「何をしておる」
「た、隊長!」
「あら、お帰りなさい」
突然現れたヨンに、チュンソクは肝を冷やした。
「わ、私は医仙殿にお渡ししたいものがあり、こちらへ……」
「そうなの。最近、夜になると冷えるって話を副隊長としてたのよ。そしたら、見てよこれ! 毛布を持ってきてくれたの!」
「宿舎へ入居する際、支給されるものです。今朝届いた新品をお渡ししたく」
「私も隊員だものね」
嬉しそうに話すウンスに、ますますヨンの目は吊り上がる。
チュンソクを睨みつけると、確かに毛布が入れられているであろう大きさの包みを持っていた。
ヨンは青ざめて固まっているチュンソクから包みを奪い取り、
「ご苦労。戻って良い」
と短く言った。
「もう行くの? 忙しいのに、わざわざありがとう」
「で、では私はこれで」
チュンソクは一礼して、足早に立ち去った。

(隊長! 勘弁してください!)
ヨンに睨まれたとき、背筋がぞくりと震えた。
チュンソクにはヨンの心の声が聞こえたのだ。
これ以上医仙に近付いたら殺す、と。
色恋沙汰には鈍いチュンソクだが、ヨンの眼差しから感じ取るものがあった。
(もしや、お二人は恋仲であられたのか?)
ゆえに隊長はあのように私に凄まれた……。
(下心など微塵もありませぬ!)
私はただ、よかれと思いて……。
ああ、だから布団は一組で良かったのだな。
合点がいったチュンソクは、誰にも気付かれないようにそっと涙を拭った。
これからは医仙のことは全て隊長にお任せしよう。
心に固く誓ったチュンソクであった。



ヨンは乱暴に自室の扉を開け、ウンスを中へ押し込んだ。
「きゃっ!」
勢い余ってウンスが階段を踏み外そうとしたとき、後ろからふわりと抱きとめられた。
「もう、何なの? ひょっとして、怒ってる?」
ヨンはウンスの髪に顔を埋めて、深く息を吸い込んだ。
愛おしい花の香りが、心配と妬心で焦げ付いたヨンの心を少しずつ潤していく。
ヨンは漸く安堵した。

イムジャは今、ここにいる。
俺のそばに。
天門が開く日までで構わない。
どうか笑顔は俺だけに。
残された時間を全て俺にください。

「どうなさったんです? 隊長」
ウンスはヨンの腕をぽんぽんと軽く叩いて、くすっと笑った。
「前から思ってたんだけど、あなたって体温が高いのね。こうしてると背中がとても温かいわ」
「何故俺に黙っておったのですか」
ヨンはぎゅっと腕に力を込めた。
「さっきの話? あれはたまたまそういう話になっただけよ。ただの世間話ってヤツ。それに、あなたは毎日忙しそうだったし」
「気遣いは無用です。包み隠さず、全部俺に仰ってください」
「分かったわ。何でもまずあなたに相談するわね」
イムジャのためならどんな苦労も厭わない。
望みの物あらば、地の果てまでも探しに行き、必ずや手に入れて参ろう。

「夜冷えるとは真ですか?」
「うーん、最近急に冷え込んできたじゃない? まだここの寒さに慣れなくて」
「そうとは気付かず、申し訳ありませぬ」
「やだ、あなたのせいじゃないわよ」
エアコンなんて無いし、と天界語を使われて、意味不明な言葉をヨンは無視する事にした。
「それほど冷えるのであれば、今宵は俺が温めて差し上げます」





翌日。
ウンスのもとに、それはそれは上等な毛布が届いた。
その日を境に、ウンスが寒さに震える夜は無くなった。

スポンサーサイト

Category - シンイ妄想

20 Comments

ゆりりん  

チュンソク~ヾ(>y<;)

そっと涙を拭う、チュンソク…はぁ可愛そう。
でも、なんだか笑えます!彼らしい(^_^;)

このお話しでは、ウンスに対するヨンの気持ちにチュンソク気付いてるんですよね?
ドラマで、ヨンがウンスに寝床を与えず椅子二つで毎晩寝てるって勘違いシーンがありましたよね(笑)
あれは、受けました(*^ω^*)

でも、チュンソクらしいと思いました(^_^)
ヨン、軍議にも集中できない程ウンスが心配!
慌てて駆け出してる様が浮かびます♡

2014/08/23 (Sat) 00:35 | REPLY |   

chihaya  

Re: チュンソク~ヾ(>y<;)

>ゆりりんさん
コメントを読ませていただいて、はっとしました!
そうでした、この時チュンソクは二人の関係に気付いてなかったんですよね!
うっかりしてましたv-12

>ドラマで、ヨンがウンスに寝床を与えず椅子二つで毎晩寝てるって勘違いシーンがありましたよね(笑)
このシーンでチュンソク落ちしたほど大好きなシーンなのに私ってば(>_<)
この一件でチュンソクは気付いた、ということにさせてください。
一部修正しました。
失礼致しました!
気付かせてくださり、ありがとうございます!

ウンスが徳興君から解放されて戻ってきた時、ヨンは「気が気じゃなかった、あまりに心配で」と言ってましたよね。
このセリフに死にそうになるほど萌えてしまって♡
どんな時でもヨンはウンスのことを心配してるんだろうなと妄想してます(*´∀`)

コメントありがとうございました♪

2014/08/23 (Sat) 02:09 | REPLY |   

itukitikal  

チュンソク…

ウダルチ皆で心配してたのかしらね!

いやいや、皆はヨンとウンスが同室で寝泊まりしているというのでニヤニヤと噂話してたに違いありませんから~

あのヨンの部屋でのキスにあと一歩…をチュンソクが邪魔してしまった時に気づいてると思ったのに気づいて無かったと知った時はビックリしました(*_*)

真面目なチュンソクは色恋には疎いんですよね(^^;

軍議に身が入らないテジャンが可愛い(*≧∀≦*)
まぁ王様に堂々と言ってましたものね。高麗よりウンスが大事だって(*´∇`*)

ロケ地レポも夏祭りのヨンバージョンもchihayaさんが思い付いた順番にUPしてくだされば良いんですよ♪

更新してくださるのが嬉しいですからねぇ。

信頼するプジャンにも容赦なく嫉妬するテジャン( 〃▽〃)良いわぁ( v^-゜)♪

2014/08/23 (Sat) 05:01 | EDIT | REPLY |   

ゆりりん  

おはようございます(^○^)

うわっ!朝起きてお邪魔したら、Chihayaさんゴメンなさい(><)
いいんです!Chihayaさんのお話しなんですからぁ(*´▽`*)

チュンソク、ほんとにヨンの恋心に気づいたのっていつなんだろう?
チョル邸にウンスを伴って行き、ウダルチと楽しく談笑してる時、その場をチュンソクに任せウンスの手を引き帰ってしまう場面もチュンソク、「えっ!なんで??」って周りはクスクス、ニヤついてるのに. ゜*。:゜O(≧▽≦)O゜:。* ゜.
あまりに、鈍すぎのチュンソクに爆笑しました(笑)いいキャラですよね♪

修正までしていただいて…昨日のお話も良かったですのに…m(_ _)m
いつもありがとうございます(^0^))

2014/08/23 (Sat) 08:06 | REPLY |   

にゃんたろ  

ん??

チュンソクって気付いてなかったの??
私は気付いててもテジャンはあんな性格だから
恋人にも寝所を使わせず椅子二つで寝かせる自分勝手なひどい男だから
ウンスに同情してると思ってた^^;
。。。違ったのか??^^;
ドラマでも 仕事<ウンスだったので
このお話、普通に受け入れられましたよ。
ヨンのチュンソクへの対応が
すごくアリでした。
イメ-ジ湧きましたよ~~
可哀想なプジャン・・・・^^;

>今宵は俺が温めて差し上げます
それよ!それ~~~~!!!
その方法が一番です!!

2014/08/23 (Sat) 10:23 | REPLY |   

chihaya  

Re: チュンソク…

>いつきさん
ウダルチの大半はヨンとウンスの関係に気付いてニヤニヤしてたハズですよね!
気付かずに本気で心配してたのはチュンソクをはじめ、かなり少数だったのではないかと(笑)
そこがチュンソクのいいところなんですけど♡
と思ってたんですけど、にゃんたろさんのコメントを読んで、気付いてたのか気付いてなかったのか分からなくなってきました(^_^;)

ヨンの私室であんなことが起こったら、そばにいたい気持ちが強くなりますよねぇ。
ヨンの嫉妬に反応してくださって嬉しいです♪

いつきさんはいつもお優しいですね(TωT)
でも、夏が終わる前に書かなきゃと思ってます!

コメントありがとうございました!(^^)

2014/08/23 (Sat) 13:55 | EDIT | REPLY |   

chihaya  

Re: おはようございます(^○^)

>ゆりりんさん
いえいえ、こちらこそすみません!

チュンソクはいつ気付いたのでしょうね?
にゃんたろさんのコメントを読んで、分からなくなってきてます(^_^;)

チョル邸ではヨンの行動に驚いてますが、
(トクマンニヤニヤ笑)
プロポーズの後、王の御前でヨンを見たチュンソクはニヤニヤしてるんですよね。
どういう意味のニヤニヤだったんだろう?
私は鈍いチュンソクのほうが萌えますけど(笑)

コメントありがとうございました(^o^)

2014/08/23 (Sat) 14:43 | EDIT | REPLY |   

chihaya  

Re: ん??

>にゃんたろさん
私はチュンソクは気付いてなかったと思ってたのですが、
にゃんたろさんの仰るようにも取れますね!
どっちなんだチュンソク!(笑)
ちょっと混乱してきちゃいました(^_^;)

仕事<ウンスなヨンの話を受け入れてもらえて嬉しいです(*^^*)
寒い夜、ヨンが温めてくれる♡
熱くて寝られなくなるかも?(笑)

コメントありがとうございました(^-^)/

2014/08/23 (Sat) 15:09 | EDIT | REPLY |   

ゆりりん  

確かに~!!(゜ロ゜ノ)ノ"

にゃんたろさんの、仰ってる事も確かに頷けますね~(*^o^*)
あのプロポーズの後、王様の前でニコニコしてました~(笑)

私も分からなくなっちゃった(^_^;)
でも、人それぞれの感じ方で楽しむ事ができて益々面白い…
また、違う視点でドラマ見れますね(^ ^)

あの…h様~!鋭い見解してくれないですかね~(〃ω〃)

2014/08/23 (Sat) 16:18 | REPLY |   

まらいかか  

嬉しい更新が!

何気に覗かせてもらいましたら、嬉しい更新が!

「仕事<ウンス」なヨン、大好きです~★
チュンソクはウンスが困っていたことを知っていて自分は知らなかった、なんて許せないんですよね。まずは、俺に!!
やきもちやきなお話、好きです。

2014/08/23 (Sat) 16:41 | EDIT | REPLY |   

chihaya  

Re: 確かに~!!(゜ロ゜ノ)ノ"

>ゆりりんさん
チュンソクはキスする寸前の二人を目撃してますし(笑)
どの時点で気付いたのか気になりますね!
同じドラマを見ているのに、それぞれ解釈が違っていたり、日々新たな発見があって楽しいです♪

私もh様にお伺いしたいです(^w^)

たくさんコメントしてくださり、ありがとうございました~!

2014/08/23 (Sat) 20:36 | REPLY |   

chihaya  

Re: 嬉しい更新が!

>まらいかかさん
ウンスに優しく親切なチュンソクですが、彼も一人の男です。
俺の女に妙な気を起こすなよ!と目で語るヨン(笑)
ヨンの嫉妬、萌えますよねぇ(*´艸`)

コメントありがとうございました♪

2014/08/23 (Sat) 21:06 | REPLY |   

h-imajin  

呼ばれて飛び出て・・

チュンソクがヨンに「ポイっ」とされなくて良かった
下心なんて全くないですもんね(’-^)☆
むしろウンス<ヨンですもんね・・

ワタシの見解では、チュンソクが二人がいい仲と気づいたのは、最後のチョル邸での手繋ぎです。
王様の前でニヤニヤしてるのは、「あ~テジャン帰ってきてよかった~」という安堵かと・・
ウダルチのY談には混ぜてもらえないプジャンですから・・・

2014/08/23 (Sat) 22:27 | EDIT | REPLY |   

chihaya  

Re: 呼ばれて飛び出て・・

>h-imajinさん
おお! ご降臨くださってありがとうございます!
良かったですね、ゆりりんさん(^o^)

まさしくチュンソクは「ウンス<ヨン」です!
くぅ~! 男にも慕われるヨンのカリスマ度!
半端ナイです!(≧∇≦)

>ワタシの見解では、チュンソクが二人がいい仲と気づいたのは、最後のチョル邸での手繋ぎです。
>王様の前でニヤニヤしてるのは、「あ~テジャン帰ってきてよかった~」という安堵かと・・
なるほど、そこでしたか!
確かに、すごく驚いてましたよね(笑)
キスしようとしてる現場に踏み込んでしまった時はどう思ったのか気になります!(笑)

>ウダルチのY談には混ぜてもらえないプジャンですから・・・
テジャンの部屋に寝床が1つしかないって、そっちの意味でニヤニヤしながらウダルチは話してたのに、
真面目なチュンソクは勘違いを…。
可哀想なチュンソク…(TωT)
だけど私はそんなチュンソクにとんでもなく萌えます♡
私が幸せにしてあげたーい!(笑)

コメントありがとうございました!

2014/08/23 (Sat) 23:41 | REPLY |   

ゆりりん  

ぶはははは(*^ω^*)

h-imajinさん、呼んでしまってゴメンなさいm(_ _)mでも、来てくれると思った♥
なーんて、Chihayaさんのブログなのに、ホント!すみません(><)

やはりh-imajinさんの見解はチョル邸の手つなぎ見ちゃった事件からでしたか!
チュンソク、「えぇっ~(゚O゚)」って顔してましたもんね。
部下のウダルチにY談、交ぜてもらえないのも…プッとなります(笑)

ウンスの解毒を試みる時の尋常じゃない慌てぶりも、イィ味だしてました(´∀`*)実はヨンの心配してたのかな?
色々、妄想楽しいです♪

なんかスッキリしましたヨン(*^o^*)
でも、色々な解釈でオッケーですよね。
すみません、色々皆さん、お手数お掛けしました( ToT )

2014/08/24 (Sun) 00:28 | REPLY |   

心の旅人  

同情

チュンソク可哀想だ
私が慰めてあげてよ♪
こっそりと涙流すなんて男らしい!

二人の夜を想像したのかしら?
ぐふっ♪

2014/08/24 (Sun) 00:34 | REPLY |   

chihaya  

Re: ぶはははは(*^ω^*)

>ゆりりんさん
いえいえ!
h-imajinさんが来てくださって私もスッキリできましたし、楽しかったです♪
それぞれの解釈で、これからも自由に妄想していきましょう!(笑)

コメントありがとうございました!

2014/08/24 (Sun) 01:37 | REPLY |   

chihaya  

Re: 同情

>心の旅人さん
チュンソクお好きなのですか(*^o^*)
彼はいいですよねぇ♪
真面目で一生懸命で優しくて、でも鈍感でたまにお邪魔虫(笑)
そんなチュンソクが愛おしいです♡

チュンソクが二人の夜を想像したら…
鼻血出しちゃいそうです(*´艸`)

コメントありがとうございました!

2014/08/24 (Sun) 02:00 | REPLY |   

ドンウォナ(mayu)  

困ったちゃんになっちゃいましたね^^;

心配までは分かるけど、過度の嫉妬は傍迷惑よね。

それにしたって、チュンソクは真面目過ぎてちょっと鈍いところがいい味出してます。
良い所でもあるけど、何時か雷功が。。。WWW

ヨンの職場放棄は、今に始まった事ではないのでもう許しちゃいましょう!
ヨンの嫉妬・溢れる想い、駄々っ子のようで可愛い~~~~!

2014/08/24 (Sun) 13:57 | REPLY |   

chihaya  

Re: 困ったちゃんになっちゃいましたね^^;

>ドンウォナ(mayu)さん
ヨンの嫉妬…周りは迷惑だけど、嫉妬深いヨンが好きなのです♡
ヨンに嫉妬させたい!(Sですか?笑)

ヨンの嫉妬で雷功が∑( ̄ロ ̄|||)
チュンソクにはくれぐれも気を付けてほしいですね(笑)

ウンスへの強すぎる想いでどうしようもなくなったヨンが書きたかったので、
そのように仰っていただけて嬉しかったです(*^-^*)

コメントありがとうございました!

2014/08/24 (Sun) 18:23 | REPLY |   

Post a comment