シンイロケ地巡りの旅 ~1日目③パニック!~

仁川空港での3つ目のミッションは、バスの切符を買い、バスでホテルがある明洞へ行くこと。

その前に、お腹が空いた私は食事ができそうなところを探してウロウロ。
疲れもあり、重いスーツケース(10kg)を転がすのがしんどくて、近場ですませようと思いました。

すると、マックとケンタッキーを発見!
うーん、韓国に来てまでそれはちょっと(^_^;)
あとは、うどんかパスタのお店しかなく。
うどんはあんまり好きじゃないし、パスタは値段がお高め…。

優柔不断な私はここでも悩む(-д-;)
仕方ない、マックにしようかな(^_^;)

でも、韓国語でどうやって注文したらいいんだろう?
ふと、さっきのコンビニのレジでのやり取りを思い出し、きゅうに怖くなってきて。
・・・・・・。

もう、コンビニで軽く何か買って、バスの中で食べよう。
それでホテルの近くのご飯やさんに行くか、コンビニのお弁当を部屋で食べよう。

ということで、ティモニカードを買ったコンビニへ戻る(笑)

おにぎりにしようかと思い、売り場の前まで行って呆然としました。

全部ハングルで書いてあるから、中身が何か一切分からない!!
イラストも何もない!!


私は辛い物が苦手で、せっかく買ったのに辛くて食べられないなんてことになったら最悪じゃないですか。
私には中身が分からないおにぎりを買えるほどの勇気はなく…。
おにぎりは諦め、ランチパック的なピーナッツクリーム入りのパンとお水を買ってコンビニを出ました(´▽`;)

そんなことをやっているうちにどんどん時間は過ぎていき、21時近くになっていました。
h様にまだメールしてなかったし、送ってもらったホテルの行き方をもう一度読まなければ。

WiFiに接続してみたら、ますます繋がりにくくなっているようで、全然読み込んでくれません!
時間ないのに、早く繋がって~~(@_@;)

確か、空港からホテルがある明洞まで1時間くらいかかると書いてあり、
早くホテルへ向かわなければ到着が遅くなって、夜道の一人歩きは危険なのではないか!?
そう思うとだんだん気持ちが焦りでいっぱいになってきて…。

スマホの画面は真っ白のままで、ネットに繋がる気配が全くない。
イライラ、イライラ(-゛-メ)
しまいには、メールのアプリがフリーズ!

ナ ニ コ レ!!!щ(゚Д゚;щ)

不安、焦り、心配、緊張、心細さ、疲労、空腹、苛立ち。
それらがMAXに達して、頭がおかしくなっちゃったんでしょうね。

私は空港を飛び出し、明洞行きのバスの切符を買って、バスに乗り込みました。

ホテルの行き方、分からないままなのに…。


続く

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

あぁぁ~

ハラハラしてきました~(゜皿゜;)ひぃぃ~どうなるの~

Re: あぁぁ~

>h-imajinさん
あれ?お話してませんでしたっけ(´▽`;)
合流できるまで見守っててくださいねm(_ _)m

なんとなくは。

聞いたのですが、やはり文章で読むのとは違いますね~
結末を知ってても、ハラハラします(´▽`;)

きゃ~~

空港を飛び出し、明洞行きのバスの切符を買って、バスに乗り込みました。

ホテルの行き方、分からないままなのに…。


こここわいよ~~
でも楽しいよ~~
ハラハラドキドキスリルまんてん~~

Re: なんとなくは。

>h-imajinさん
そうですね。
あの時はここまで詳しくお話できてなかったかもしれません(^_^;)
ハラハラさせちゃってすみません(>_<)

Re: きゃ~~

>にゃんたろさん
怖いですよね~(^_^;)
私もなんであんなことしちゃったのかと( ̄▽ ̄;)
でもいざとなったらあの方法を使えばと思って…。

ひえー

ドキドキドキドキ

サスペンス劇場ではありませんか!
どうなってしまったの~~!

Re: ひえー

>心の旅人さん
サスペンス!
私のおバカな行動により、そうなってしまってますね!

とにかく無事だったことは確かです(^_^;)
プロフィール

ちはや

Author:ちはや
2013年夏、BSフジで「シンイ-信義-」を見てハマりました。
シンイ熱とヨンへの愛はまだまださめません!

コメント大歓迎ですのでお気軽に♪

たまに妄想を書いていますが、何の心得もないただの素人が好き勝手に書いているだけです。
恥ずかしいのでひっそりとやらせてください(^_^;)

※パスワードについて
メールでお問い合わせいただいてもお答えできません。
予めご了承ください。

最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
頂き物♡


여기






ありがとうございます♡
chima♡chima








月別アーカイブ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: