Welcome to my blog

slow step,slow heart

Article page

June brideでちょこっと妄想2 ※追記あり

Category - シンイ妄想
June brideでちょこっと妄想1の続きです。
本当にちょこっとだけ書くつもりだったのに、なんでだろう(笑)
私が書くとヨンが弱い男になってしまうのも何故?(^_^;)
細かいことは気にしない!という方のみ、先へお進みくださいね。

※写真を持ち帰ったパターン(ヨンとウンスの会話のみ)を追記しました。







イムジャはまだか。
女人の支度とは、こうも時間がかかるものなのだろうか。
もしや、イムジャの身に何か起こっているのではあるまいか。
先程の不慣れな天界の着物への苛立ちを気になさっておられるのではないか。
離れていれば、こうして心配事が次々にやってくる。
ましてやここは天界だ。
ここで俺はイムジャを護りきることができるのだろうか。
そう思うと居ても立っても居られず、部屋を飛び出そうとしたとき、扉が開いた。
そこに立っていたのは、ウンスだった。

純白のウェディングドレスに身を包み、綺麗に着飾ったウンスがヨンへと近付く。
ヨンは目を見張った。
天界におけるドレスの価値など少しも分からない。
だがこの眼に映るイムジャの姿のなんと美しいことか。
思わず見惚れてしまった。

そして今、はっきり分かったことがある。
やはり、高麗へお連れして良い方ではなかった。
天人は天界にいてこそ輝くのだ。
医仙という名で呼ばれることもなければ、物珍しさで我物にしようとする輩もいない。
天界に居ればお命を狙われることも、怖い思いをすることもないだろう。
誰一人として剣を持たないこの世界。
ここは俺が居ていい場所ではない。


「待たせちゃってごめんね。どうかしら。このドレス、私にはちょっと可愛すぎるかな?」
「……」
顔をしかめて黙り込むヨンを、ウンスは訝しげに見上げるがすぐに察して言った。
「慣れないことをさせて疲れたのね。ごめんなさい。さっさと撮影して終わらせるように言ってくるわ。だからもうちょっとだけ辛抱してね」
ヨンに背を向け、ドレスの裾を持ち上げて歩き出そうとすると、後ろから腕を掴まれた。
振り返ると、眩しいものでも見るかのようにヨンは目を細めていた。
「いえ、そうではなく…。俺には天界のならわしやド…レスとやらのことなど分かりませぬ。されど、イムジャのそのお姿。お美しいと…思うておりました」
頬を朱に染めるウンスを、ヨンは熱い眼差しで見つめた。
「惚れ直した?」
にっこり笑って問いかけるウンスに、ヨンは微笑む。
「はい。婚儀の際、お綺麗だと何度も思いましたが、今はそれ以上に……」
そう言ったきり、ヨンは顔を曇らせてまた黙り込んでしまった。

「ん?どうしたの、何かあった?」
ヨンはふるふると首を横に振るだけでウンスを見ようとしない。
ヨンの両手を取り、ぎゅっと握ってウンスは言った。
「目をそらさないで。私にはちゃんと話してよ。ね?」
ヨンは握られた温かい手に目を落とした。
そしてウンスの頭から爪先までを目に焼きつけるかのようにゆっくりと眺めてから口を開いた。

「そのお姿…。イムジャは天人なのだということを思い知らされました。頭では分かっておったつもりでしたが、天界こそイムジャにふさわしい場所です。ここから連れ出し、残ってほしいなどと思うべきでは……」
「ちょっと、まだそんなこと思ってるの!?」
ウンスは握った手に力を込める。
「私があなたのそばにいたいの!会いたくて、会いたくて、私がどれだけ……!」
「イムジャ!最後まで話を聞いてください」
ウンスの潤んだ瞳から零れた涙をそっと指でぬぐい、ヨンは話を続けた。

「これまで見聞きした限りでは、イムジャにとって天界は安全な場所のようです。高麗へ戻れば何が待ち受けているのか、イムジャはご存知のはず。それでも俺は……願ってしまうのです。そばにおってほしいと。もうイムジャを手放すことなどできませぬ。共に高麗へ、戻ってくれますね?」
大きく、大きく頷くウンス。その瞳からぽろぽろと涙が溢れて止まらない。
「当然じゃない。一緒に帰ろう」
泣きながら微笑むウンスに、ヨンの胸は熱くなる。
純白の衣をまとった美しき天女を、ヨンはきつく抱きしめた。

俺だけの天女、イムジャ。ユ・ウンス。もう二度と放さない。








「ねえ、あれ見てよ。抱き合ってる!お熱いわねえ!」
「見てる見てる。花嫁さん泣いちゃってるし」
「旦那さんが怒ってないか心配してたけど、怒ってるようには全然見えない。むしろ…」
「デレデレ?」
「あっ!キスよキス!はぁー、いいなあ。素敵だわー」
「はいはい。あー、メイクやり直し…」






撮影は無事終了。
そして二人は……。

「すみませーん。お着替え終わりました?」
「あれ?誰もいない」
そこにはきちんと整えられたタキシードとドレスがあるだけで、まるで神隠しにでもあったかのように二人の姿は消えていた。
「えっ?もう帰っちゃったの?やだな、まだお礼してないのに」
「これも。試しで撮った写真、急いでプリントしてきたのに。お渡ししたかったな」
「幸せそうなお二人がよく撮れてる、いい写真なのに。残念ね」
「見れば見るほど素敵なご夫婦だったわ。あの美貌で、本当にモデルさんじゃないの?」
「さあ、私は知らないけど。でも、あんな美男美女と偶然出会えるなんてラッキーだったわね」
「はぁー、本当に羨ましい…」








--------------------------------------------------------------------------


●写真を持ち帰っていたら…●


「イムジャ。何を笑うておられるのです?」
「ふふっ。これよ、これ」
「ああ、天界での…」
「そ。あの時もらった写真よ」
「また見ておられたのですか」
「だって、よく撮れてるんだもの。あなたのタキシード姿が見られるなんて思わなかったわ。とーっても貴重な写真よ、これは!」
「イムジャ…勘弁してください…」
「何よ、照れてるの?すごおく似合ってたのに」
「俺のことより、イムジャはどうなのです?」
「私、どう?イケてたでしょ?」
「い…?」
「ねえ、あの時言ってくれたじゃない。もう一回、言ってみて?」
「…もう言わぬ…」
「ね~え~、言ってよ。お願い。もう一度聞きたいの」
「……っ!」
「私のドレス姿、どうだった?」
「お…、お綺麗でした。目に焼きついて離れぬほどに…お美しいと思うておりました」
「ふふっ。ありがとう、チェ・ヨン」
「…もうこれきりにしてください」
「はいはい。分かったわよ。それにしても、ウェディングドレスとか興味ないって思ってたけど、着てみるとそんなに悪くない…。ううん、良いものだったんだなって今なら思えるわ。どうしてか分かる?」
「いえ…。何故ですか?」
「あなたが隣にいてくれたからよ」
「イムジャ…」
「うふふっ」
「嬉しいですか?」
「うん」
「良かった…」
「あははっ!」
「今度は何です?」
「これ撮られてるの気付かなかったわ!キスしてる時の…」
「イムジャ!それは仕舞っておくよう何度も言うておるでしょう!」
「なんで?いいじゃない。写真立て作ってくれるんでしょ?これも飾っておきましょうよ」
「なりませぬ!誰かに見られたらどうするのですか!早う仕舞って!」
「自分で言うのもなんだけど、これもいい写真だと思うわ。さすがはプロね」
「イムジャ!」
「もう、恥ずかしがっちゃって。かわいいんだから」
「分かってくださらぬのなら……燃やします。灰になるまで!」
「ええっ!?駄目よ、絶対駄目ー!」
「あっ、イムジャどこへ行かれる…!全く、この俺から逃げられるとでも?すぐにひっ捕らえて差し上げねば。イムジャ!イムジャ!」

スポンサーサイト

Category - シンイ妄想

24 Comments

shinobu  

プロポーズ♡

続けて更新、ありがとうございます♪

ヨンたら、惚れ直して、悔やんで、離れられないと再確認して~また求愛しちゃいましたね♡
悔やむのとはちょっと違うかな。

ヨンが何を言い出すかと、ウンスと一緒になってドキドキしちゃいましたが…
何度目のプロポーズかなぁ♡

あぁでも!素敵な二人の写真は現代に!?
それだけが残念でなりません。

…ウンスのご両親が通りがかって、飾られている写真を見る日が、あるかな…

2014/06/06 (Fri) 08:47 | EDIT | REPLY |   

chihaya   

Re: プロポーズ♡

>shinobuさん
天界と高麗の違いをまざまざと見せつけられて、ヨンが出した答え。
もう何があっても二人は離れられませんよね。
ヨンのプロポーズなら、何度だって聞きたいです

写真は無くても、良い思い出として二人の心に残り続けてくれればいいなと思います。

ウンスのご両親にも見てほしいですね。
近い将来、その日がくるんじゃないかなと、書き終えてから思いました(*^^*)

2014/06/06 (Fri) 14:13 | EDIT | REPLY |   

みかん  

再確認

愛の再確認ですねe-51
天界を見知ってしまい、天界にいるべき人と思いつつも、ヨンはウンスに傍にいて欲しいと強く想い、ウンスもヨンの傍にいたいと想う気持ちがヒシヒシと伝わってきますv-344
「二人の姿は消えていた」きっと、お互いの気持ちを確認できたから、高麗にて帰って行ったんでしょうね♪ ジーンときました。

2014/06/06 (Fri) 14:40 | EDIT | REPLY |   

chihaya   

Re: 再確認

>みかんさん
住む世界が違うと分かっても、そばにと願うヨンの想いは消えなくて。
ウンスの想いも変わることなんてあり得ませんよね。

二人はどこへ消えたのか。
読んで下さった方のお好きなように想像していただけると嬉しいです(*´▽`*)

2014/06/06 (Fri) 15:03 | EDIT | REPLY |   

h-imajin  

最初はタイトルが・・・

読めなくて、どういうお話だろう?と思いました(←パボ)
二人の婚礼衣装いいですね~(^-^*)最初は楽しいだけと思っていたら・・
ヨンてば、やっぱり色々考えてしまったのですね。。
でも、ちゃんとヨンには決意があったのですね。よかった。

6月にぴったりなお話ありがとうございました(^^)ノ

2014/06/07 (Sat) 00:18 | EDIT | REPLY |   

chihaya  

Re: 最初はタイトルが・・・

>h-imajinさん
そうなんです!
楽しいだけの妄想になるだろうと思って書き出したら妙な方向へ。

己の居場所、するべきこと、ウンスのこと。
天界で改めて考えさせられたんだと思います。

6月にぴったりでしたか、嬉しいです(*^-^*)
こちらこそありがとうございました!

2014/06/07 (Sat) 01:53 | REPLY |   

にゃんたろ  

ヨンは

どうしても考えてしまうんでしょうね
天界のウンスはこのまま天界人として
生きた方が良かったのだと・・
ドレス姿のまばゆい姿を見てその思いが駆け巡ってしまったのでしょう
ウンスがとっても大人ですね^^素敵です。

ウンス、泣くな~~~
綺麗なメイクが~~~とか
あああ もったいない写真もらえたのに~~
とか一人何故か焦って読んでました(笑)

2014/06/07 (Sat) 02:00 | REPLY |   

chihaya  

Re: ヨンは

>にゃんたろさん
王命とはいえ天界から連れ去ったのはヨンだから。。。
天界で不安な気持ちも相まって、考えてしまったのだと思います。
これからも支え合い、高麗でずっと幸せでいてくれたらいいですね。

うふふ(^-^)
写真もったいなかったですか(^-^)
お互いの姿は、それぞれの心の中に♡
だから無くても大丈夫そうです(*´∀`)

2014/06/07 (Sat) 02:33 | REPLY |   

ゆりりん  

はじめまして

初めまして!今まで読み逃げでごめんなさい(ToT)
最新記事、読んでコメクローズされていたのでこちらに参りました。

ちはやさんの書く、お話し大好きです。
妄想!良いですよ!
文章にされて凄い(^O^)とその世界観にどっぷりハマりこんでる自分が居ます♪

毎日、こちらのブログチェックが欠かせません!
どうか、このまま書いて下さる事希望します♡

2014/06/08 (Sun) 10:32 | REPLY |   

nikoniko  

はじめまして

私もchihayaさんのお話が大好きです。いつも楽しみに読ませて頂いているのに、コメントしなくてごめんなさい。
読み手に対するお心遣い、本当にありがとうございます。
想像力の乏しい私、chihayaさんのお話を読ませて頂いて、「あ、そうそう魚釣り教えるって言ったよね」「ジューンブライド!」「チャン侍医は2人のこと、よく分かっていたよねぇ」などなど…
私、こんなお話が読みたかったんだ、と気付くんです。そしてどのお話からも、お互いが大切で愛おしくて、なくてはならない存在だというヨンとウンスの想いが伝わってくるんです。
だから大好き(*^^*)読み終わって幸せな気持ちになるから。
書いて下さって、とても嬉しく思っていますとお伝えしたくて…
chihayaさんのお気持ちが少しでも晴れますように。

2014/06/08 (Sun) 16:16 | EDIT | REPLY |   

chihaya  

Re: はじめまして

>ゆりりんさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。

わざわざこちらに!すみません(>_<)
妄想を読んでいただけるだけで充分嬉しいので、
コメントのことは気にすることなく、どうか今までのようになさっていてくださいね(^-^)

ゆりりんさんにそのように仰っていただけて、元気が出てきました!
ありがとうございました!

2014/06/08 (Sun) 20:21 | REPLY |   

chihaya  

Re: はじめまして

>nikonikoさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。

わざわざこちらにコメントを!すみません(>_<)
コメントのことはどうかお気になさらないでくださいね。
これからも今までのように自由にしていただけたらと思います。

私の妄想、そんなふうに楽しんでくださっていたのですね。
拙い文章ですのに、ヨンとウンスの想いを感じ取っていただけて、すごく嬉しいです!
凹んでいた気持ちが浮上してきました(^-^)
ありがとうございました!

2014/06/08 (Sun) 21:36 | REPLY |   

itukitikal  

写真が見てみたい

さっき投稿寸前のコメントが消えました!凄いショック!Σ(×_×;)!

スマホはそれがあるのがイヤだ(TT)

ウンスが王妃様からの服にも見惚れてましたものね~ウェディングドレスなら見惚れないはすがありませんね。

色々考えちゃったんですね~ヨン。それでもウンスを手離すことは出来ないと思ってくれて良かった♡

だから写真を見ること無く帰っちゃったのかな?

ヨンからのプロポーズ!私もして欲しい~

2014/06/08 (Sun) 22:18 | EDIT | REPLY |   

chihaya  

Re: 写真が見てみたい

>いつきさん
消えちゃったのですか!
せっかく書いてくださったのに(´;ω;`)

ヨンは高麗人だからドレスだけを見ても良さが分からないだろうけど、
ウンスの花嫁姿を見たら何を思うんだろう?
綺麗だ、と思ってくれたらいいなと思って書きました♡
ヨンとウンスはこれからもずっと一緒です(*^-^*)

写真気になりますか?
高麗に持って帰ったパターン、ちょっと書いてみますね。

2014/06/09 (Mon) 01:10 | REPLY |   

にゃんたろ  

写真

持ち帰ったバ-ジョンv-10

書いて下さってありがとうございます。
灰になるまでって・・・ヨ、ヨン^^;
そこまで恥ずかしがらなくても・・・とニヤけてしまいました。
chihayaさんの描くシンイの世界とっても好きです。
二人の会話もスト-ンと胸に入ってきます。
自分はやっぱりヨンが好きで、いろんな二次の話でもついついヨンの
性格を目で追ってしまいます。
chihayaさんのヨンはドラマのヨン見てるみたい・・・
シャイでウンスを大事にしててとっても心地よいぬくもりを感じます。

妄想できるって実はすごいことだと思います。
それをまた活字に出来る能力!
chihayaさんが楽しく感じて描けているならなんの問題もない
と私は思います!!
いつもここでシンイの世界を満喫させてもらえてますよ!!感謝~~~v-238

2014/06/09 (Mon) 08:20 | REPLY |   

nikoniko  

写真♪

もう読んでいる間、頬が緩みっ放しでした。ヨン、他の人に見られるのは恥ずかしいけど、1人だったら穴が空くほど眺めていそう(^^)

書きたい時に、書きたいものを(*^^*)うんうん、そう思います♪chihayaさんが楽しいのが一番です(^^)
だって、こんなに素敵な妄想☆楽しまないのはもったいない(^^)
私は、妄想力upに頑張ります。
まずは~、………
……もっかい、DVD観てきます(^_^;)

2014/06/09 (Mon) 09:55 | EDIT | REPLY |   

chihaya  

Re: 写真

>にゃんたろさん
読んでくださったのですね。
ありがとうございます!

>ドラマのヨン見てるみたい・・・
こう思っていただけるのは、すごく嬉しいです!
少しでもドラマの世界に近付けるように意識して書いているので。
皆さんもそうですよね(^_^;)

やっぱり、妄想書くのは楽しいです。
私の妄想をにゃんたろさんが楽しいと感じてくださるのなら、
考えすぎないでこのまま書き続けてもいいのかなと思います(^-^)
コメントありがとうございました!

2014/06/09 (Mon) 19:24 | REPLY |   

chihaya  

Re: 写真♪

>nikonikoさん
読んでくださってありがとうございます!

ヨン1人の時、写真見ていそうですね。
それをウンスがこっそり見ててにっこり(^-^)

私の妄想は平凡で、皆様の妄想力のほうがすごいと思いますよ!
妄想を書くの楽しいと思う気持ち、大事にします。
コメントありがとうございました!

2014/06/09 (Mon) 19:57 | REPLY |   

itukitikal  

ありがとうございます(^^)

写真を持ち帰ったバージョンも書いてくださったんですね♡嬉しいです(*^^*)

目に見える記念になる物っていうのも良いですよね。

ヨンだってウンスの花嫁姿を見られるんだから嬉しいはずなのに照れちゃって( ´艸`)
まぁ仕方ないですね~高麗の武士ですから。

キスシーンの写真まで撮られてたなんて!
自分では絶対見られないから欲しいでしょうね♪

2014/06/09 (Mon) 20:13 | EDIT | REPLY |   

itukitikal  

追伸

私が初めてお邪魔したのはいつのことだったでしょう。

あれからchihayaさんの所を毎日覗くのが日課になり、読ませていただいてました。

私はchihayaさんの書かれるヨンとウンスが好きです♡chihayaさんが二人に愛情を感じているからそれが伝わって読ませていただく私たちも幸せな気持ちになれるのだと思います。

Chihayaさんのお話が素敵でなければ今でもこうしてお邪魔していないと思います。

無理せずマイペースで良いんですよ~

2014/06/09 (Mon) 20:21 | EDIT | REPLY |   

chihaya  

Re: ありがとうございます(^^)

>いつきさん
写真もらって帰ったほうが良かったのかなと思っていたら、妄想が浮かんできたので書いてみました。

キス写真、ヨンは照れ臭くて恥ずかしくてあまり見たがらないかなって(*^-^*)
ウンスの花嫁姿がいつでも見られるのは嬉しいでしょうね。

コメントありがとうございました!

2014/06/09 (Mon) 22:55 | REPLY |   

chihaya  

Re: 追伸

>いつきさん
いつも読みにきていただいてありがとうございます!
そして、あたたかいコメントをくださるいつきさんには本当に感謝しています。

>無理せずマイペースで
そうですね。
書くことが嫌になったわけでは全然ないので、よかったらこれからもお付き合いくださると嬉しいです。
よろしくお願いします(^-^)

2014/06/09 (Mon) 23:23 | REPLY |   

shinobu  

想いを形に残す

chihayaさん、こんばんは♪
ウンス、嬉しくて鼻唄うたっていそう♪
ヨン、実は一人の時にこっそりと見ているに違いありません♪
幸せな二人の想いと姿をとじ込めた、よい思い出写真となりましたね。
素敵なお話、ありがとうございました。

chihayaさんが書かれるお話、日々のあれこれ思うこと…。楽しいコメントへのお返事。
私はどれも大好きで、毎日こちらへ通っています。
シンイ、そしてミノ君にに対する愛情に溢れた、素敵なブログだと思っています。

書きたい気持ちがムクムクとわけば書きまくり(笑)、お休みしたい時は休憩し、どうぞご無理の無いようにして下さいね。
長文、失礼しました。





2014/06/10 (Tue) 03:43 | EDIT | REPLY |   

chihaya   

Re: 想いを形に残す

>shinobuさん
こんにちは!

やっぱりヨンは一人で写真見てそうですか(^-^)
実は私はそこまで妄想してなかったのですが、いただいたコメントで気付かせてもらえるのは面白いですね♪
読んでくださってありがとうございました!

shinobuさんにそのように思っていただいてたなんて、とても嬉しいです。
まだ気持ちの整理がつかない部分もありますが、無理せず書きたいものを書いていこうと思います。
コメントありがとうございました!

2014/06/10 (Tue) 12:39 | EDIT | REPLY |   

Post a comment