Welcome to my blog

slow step,slow heart

Article page

夢でも逢えたら2(妄想)

Category - シンイ妄想
夢でも逢えたら1」の続きです。
なんか、うまく書けませんでした。
先に謝っておきます。
すみませんm(_ _)m






暑い…。
どこだここは。

目の前に広がる青い空。白い砂浜。青い海。
灼熱の太陽が照りつける浜辺にヨンは腰を下ろし、一人でぼうっと海を眺めていた。

ここには俺しかおらぬようだ。
人が一人も見当たらぬ。
それにこのような場所、高麗にあったか?

しかし暑いな。体が燃えてしまいそうなほど…。
ふと己の体に目を向けると、上半身は裸で、下は膝上丈の袴のようなものを身につけていた。
なんだこれは。このような恰好をした覚えはないぞ。
とにかくこの暑さから避難しようと立ち上がったとき。

「お、待、た、せー!」
この緊張感のかけらもない声。イムジャ?
背後から愛しい妻の声がしてヨンは振り返った。
「ねぇ、どう?これ最新の水着なのよ。似合うかしら?」
そう言って悩ましげなポーズをとるウンスを見たヨンは、雷に打たれたような衝撃を受けた。
心臓が早鐘を打ち始め、痛いくらいに鳴っている。
ウンスにとっては何ということもないビキニだが、ヨンにとっては違った。
胸と腰の三箇所を小さな三角の布で覆い、頼りない紐で結んでいるだけで。
あれほど注意したにも拘わらず、白い肌を、腕も足も腹までも露出している。
「ちょっと大胆すぎたかな?でもね、まだまだ若い子には負けてないでしょ!」
ウンスの声はヨンの耳に届かず、ヨンはウンスの体を食い入るようにただただ見つめていた。
三角の布の間にある強調された胸の谷間に目がいき、ヨンは思わずごくりと唾を飲み込んだ。

「おーい、どうした?」
ひらひらと手を振り、首を傾げながらヨンに近付いてくるウンスに、はっと我に返ったヨンは、
白く細い体を我が身で隠すように覆いかぶさり強く抱きしめた。
「きゃあ!なにするの!」
「イムジャ、なにを考えておるのですか!この国では隠すようあれほど…!」
「い、痛い、放して!ただの水着じゃない!」
「み…。なりませぬ!そのような裸同然の恰好で出歩くなど、俺が許さぬ!」
とにかく一刻も早くここを離れてイムジャを隠さねば。
「いやぁ!」
ヨンはウンスを肩に担ぎ、物凄い速さで駆け出した。
「せっかく海に来たのに~!泳がずに帰るなんていやぁ~!」






「イムジャ!」

はっと目を覚ますと、そこは屋敷の縁側だった。

あれは…夢?
やけにはっきりとした夢だった。
まだ胸の鼓動がおさまらない。

俺は眠っていたのか。
寝るつもりはなかったが、イムジャの膝枕があまりにも心地よく、眠りこけてしまったらしい。
しかも、あのような夢を見るなど。
夢の中でさえも妻の体に興奮し、飢えている己に自嘲した。

先程からひどく静かで、体の上になにやら温かいものが乗っているのを感じていたが、それはウンスだった。
ウンスはヨンに膝を貸したまま、ヨンの体に凭れかかって寝てしまっていた。
窮屈な体勢でよくも眠れるものだと感心する。
起こしてしまうのも可哀想で、ヨンはそっと体を放して起き上がり、ウンスをその場へ寝かせた。

月の位置から察するに、あれからそれほど時間は経っていないようだ。
しかし、このままここで寝かせていては体を冷やしてしまう。
ヨンはウンスを横抱きにして、寝所へ向かって歩き出した。

「う…ん」
ウンスの口から声が漏れ聞こえ、振動で起こしてしまったかと声をかける。
「イムジャ、起きましたか?」
「もう一杯…ちょうだい…」
夢の中でも飲んでいるとは。
どれだけ酒が好きなのかと呆れ、笑えてくる。

イムジャ。
その場に俺はおりますか。
夢でも現でも、俺をそばに…。

はぁっとヨンはため息を吐いた。
何を考えておるのだ俺は。
イムジャの心を独占したいなどと、どこまでイムジャに溺れれば気が済むのだろうか。
ヨンは苦笑した。

そうしているうちに寝所へ着き、ウンスを寝台へ寝かせた。
ヨンは寝台の縁に腰掛けて、ウンスの寝顔を見つめた。
いつ見ても可愛らしい寝顔だ。
イムジャのすべてが愛おしい。
ここにいて俺の帰りを待っておると思えば、どんな過酷な任務にも堪えられることをご存知か。
イムジャがおらねば…今度こそ生きてはいけぬ。
このような俺のそばにいてくれて感謝します。

良い夢を。

幸せそうに眠る妻の頬を優しく撫でて、ヨンはそっと口づけた。





-------------------------------------------------------------------


最初に思いついたときとはかなり変わってしまいました(^_^;)
ヨンはあんな変な夢を見るはずじゃなかったし、夢でもそばにいたいと願うヨンの気持ちを書いて、
ここできれいに終わらせるつもりでした。

しかし!

「おい。ここで終わりだなんて、そりゃないぜ。貴様正気か?」

という悪ヨンの囁きが聴こえてきまして。
追加で書いてみることにしました。
久しぶりのパス付きです(*´艸`)
おまけ的な感じですし、まだ書き終わっていないので、いつもの如く期待しないでくださいね(笑)

スポンサーサイト

Category - シンイ妄想

12 Comments

itukitikal  

ウフ( ´艸`)

おはようございます(^^)

前回、牽制された(^^;と思ってましたが私の念が通じたかな(笑)

高麗のヨンがビキニ姿のウンスを見たらそれはもうビックリですよね!脚が見えてただけでドキマギ、下着があんな服の時代ですからねぇ~

水着姿のヨンで浮かんだのが何故かジュンピョ…
水に濡れると髪がストレートになるから良いんですけどね~

パス付き良いですね(*^。^*)待ってま~す(#^.^#)

2014/05/06 (Tue) 06:19 | EDIT | REPLY |   

shinobu  

囁きます♡

どこまでイムジャに溺れれば…?

「いいんですよ~どこまでも、どこまでも♪」
溺れてくれたら、それだけ私達は喜びます(^^)/
あ、ウンスは勿論ね♡

そしてchihayaさんへの囁きは悪ヨンに任せて(笑)
私はヨンに囁きますよ♡
「貴方は充分待ちました。もう我慢しなくていいよ~!」

2014/05/06 (Tue) 12:53 | EDIT | REPLY |   

ぽんた  

こんにちは

>夢の中でさえも妻の体に興奮し
に大爆笑してしまいました。

ヨンは海ではなく、ウンスにどっぷり溺れて下さいませ。

続きを楽しみに待ってます♪

2014/05/06 (Tue) 16:28 | EDIT | REPLY |   

h-imajin  

青い空の下、ふたりの愛を確かめたくって~

いいですね~(^m^)ヨンの夢
ヨン、ビキニ見たことあるのか?!
それともウンスから説明されたことが?!

現実の続きも気になりますが、夢の続きも気になります・・・

2014/05/06 (Tue) 18:11 | EDIT | REPLY |   

chihaya  

Re: ウフ( ´艸`)

>いつきさん
どんな夢がいいか、かなり迷いました。
夢の中だから何でもありだ!と思ったので、二人で現代の海に行ってもらいました(笑)
ビキニなんてさぞかし衝撃的だったでしょうね(^▽^)

4話まで見たんですけど、ジュンピョって天然パーマだったのですか?
私はてっきりオシャレであの髪型にしてるんだと思ってました(^_^;)

続きは今夜と思ってましたが、無理っぽいです( ̄▽ ̄;)
もうしばらくお時間くださいね。

2014/05/06 (Tue) 21:12 | REPLY |   

chihaya  

Re: 囁きます♡

>shinobuさん
>「貴方は充分待ちました。もう我慢しなくていいよ~!」
なんか、私の方がジーンときてしまいました(;_;)
きっとヨンも喜んでいるでしょう!

でもさすがshinobuさん、先を読まれてる?(・_・;)
書き終わるまで時間がかかりそうなので、ヨンにはもうちょっと我慢しててもらうことにしますね(笑)

2014/05/06 (Tue) 21:33 | REPLY |   

chihaya  

Re: こんにちは

>ぽんたさん
当初の予定にはなかった夢でしたが、笑って下さって良かったです(^▽^)

ヨンはウンスに溺れていると自覚ありですから。
次はそんなヨンが見られるかも??

アップできるまでもうしばらくお待ちくださいm(_ _)m

2014/05/06 (Tue) 21:39 | REPLY |   

chihaya  

Re: 青い空の下、ふたりの愛を確かめたくって~

>h-imajinさん
ヨンの夢良かったですか(^▽^)
この妄想が浮かんできた時はもっと真面目なお話になる予定だったのに、
どこでズレてきたのやら(^_^;)

さすがh-imajinさん、目の付け所が違いますね!
ヨンはビキニを知らなくて、ウンスから聞かされてもいない、という設定です。
夢なのでそこまで深く考えていませんでした∑(@_@;)
続きも勿論ありませんよ。
いつも適当でごめんなさい(^_^;)

2014/05/06 (Tue) 22:05 | REPLY |   

itukitikal  

ジュンピョの髪形

天然パーマだと思います。

子供の頃のジュンピョが出てきますが、やはりあの髪形ですよ(笑)

続きは直ぐでなくても良いですよ~ヨンもこれだけ待ったのですから少しは待ってくれるでしょう( ´艸`)

2014/05/07 (Wed) 16:51 | EDIT | REPLY |   

にゃんたろ  

うふふふふ

こうゆうヨン大好物ですよ~
自嘲気味で自分で自分に呆れてますね
この困惑してる姿に萌え~~~

ヨンの夢はいつでもウンスを近くに感じていたい願望で

ウンスはお酒・・・」ですか

もうこんな二人に納得してしまいます。らしいわ~~~~(笑)

ウンスの愛がヨンの愛にかなう日はきっと来ないでしょうね・・・またそれがイイ^^

ヨコシマな考えは忘れて!!とゆうから忘れてあげてたら
素晴らしいご褒美がv-25
パス付妄想話・・・・・ぐっとこらえてお待ちしております

2014/05/07 (Wed) 18:22 | REPLY |   

chihaya  

Re: ジュンピョの髪形

>いつきさん
あ!キャンプを脱走した時ですよね!
そうでした、クルクルしてました(笑)
花男面白いですね!ハマってしまいそうです(*^-^*)

続き書いてるんですけど、どうしても書けないところがあって難航してます(^_^;)
もうちょっと粘ってみます。
大人しく待っていてくれますかね、ヨンは(^_^;)
眠れぬ夜を過ごさせちゃってごめんね、ヨン(>_<)
もう少しの辛抱だよ~。

2014/05/07 (Wed) 21:29 | REPLY |   

chihaya  

Re: うふふふふ

>にゃんたろさん
ヨンのどこまでも深い愛♡
いつでもどこでもウンスと共にいたい。
それはきっとウンスも同じはずですよね(*´∀`)

「今は忘れて」の意味は、3話まで待ってくださいってことでした(^_^;)
いつアップできるか分かりませんでしたし( ̄▽ ̄;)
すみません、今しばらくお待ちくださいませm(_ _)m

2014/05/07 (Wed) 21:48 | REPLY |   

Post a comment